仮想通貨 PR

仮想通貨初心者ガイド|ゼロから学ぶ仮想通貨の基礎

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

▪ 仮想通貨を始めてみたいです。

▪ 仮想通貨ってどうやって買えばいいの?

と疑問をかかえている方の悩みを解決できる記事になっています。

 

「仮想通貨をはじめてみたい!」という方向けです。

1年ほど、いろいろな仮想通貨を少額ですがさわってみたので、経験をもとに情報をシェアします。

 

本記事で解決できる悩み

▪ 仮想通貨の始め方

▪ 仮想通貨の買い方

▪ 仮想通貨の基礎知識

 

本記事の信頼性 

おいも(@oimosmile)が解説していきます。

おいも
おいも
サラリーマン&ブロガー

仮想通貨オンラインサロン
ICL(α-ダイヤモンド)” 所属

NFTの保有数300個以上

仮想通貨の始め方

上の動画は、マナブさんの基礎セミナーです。コレだけ見ておけば良いかなと。

 

おいも
おいも
当時のビットコインの価格にも注目です。

 

仮想通貨は、インターネット上でやりとりできる財産的価値をもち、商品やサービスの対価として使用できる電子データです。

ビットコインなど、様々な種類があり、取引量は増加しています。

円やドルなどの法定通貨と交換することが可能です。

 

仮想通貨のメリット・デメリット

仮想通貨には、たくさんのメリットがあります。

デメリットもありますので、今回は重要な3つをそれぞれ紹介します。

 

仮想通貨のメリット

仮想通貨のメリットについて書きます。

 

仮想通貨3つのメリット

▪ ①アクセスが容易

▪ ②高い利益の可能性

▪ ③中央集権管理なしで手数料ゼロ

それぞれ、簡単に紹介していきます。

 

①アクセスが容易

仮想通貨は、24時間365日取引が可能でいつでも、購入・換金・投資ができます。

 

②高い利益の可能性

価格の、変動が大きいため高いリターンを得るチャンスがありま​す。

 

③中央集権管理なしで手数料ゼロ

中央集権的な、管理機関(例えば中央銀行や政府)に依存しません。

このため、従来の銀行システムのように高額な手数料がかからないことが多いです。

 

 

仮想通貨のデメリット

仮想通貨の、デメリットについて書きます。

 

仮想通貨3つのデメリット

▪ ①価格の大きな変動

▪ ②ハッキングのリスク

▪ ③規則の不確実性

それぞれ簡単に解説していきます。

 

①価格の大きな変動

仮想通貨の、価格は非常に不安定で大きな損失の、リスクがありま​す。

 

②ハッキングのリスク

セキュリティ上の、問題がありハッキングによる被害の、可能性があります。

 

③規則の不確実性

政府や、規制機関による政策変更がリスクを生じさせる、可能性があります。

 

 

仮想通貨を購入する方法

それでは、つぎに仮想通貨の買い方をみてみましょう!

 

□ 仮想通貨取引所の選択

まずは、どこの取引所で仮想通貨を買うかを選びます。

Coincheck ▪ セキュリティ対策が万全。 金融大手マネックスグループ所属。
DMM Bitcoin ▪ 初心者に優しい使いやすさ。 低コストで取引可能。
bitFlyer ▪ 高い流動性と安定性。 複数の取引方法が可能。
GMOコイン ▪ 取引手数料が低め。 24時間日本語サポート体制。
SBI VC トレード ▪ 信頼性の高い金融グループ運営。 初心者〜上級者まで幅広く対応。

有名なのは上記の5つです。

5つ比べてみると良いかと。

どうしても選ぶのがめんどいって方は、ダウンロードNo.1の、Coincheckで良いかなと。

 

おいも
おいも
口座開設後、取引所に日本円を入金→仮想通貨購入の流れです!

 

▼ 仮想通貨の『ビットコインを買う方法』はコチラからどうぞ。↓

【スマホ完結】Coincheck(コインチェック)のビットコインを買う方法【初心者向け】 本記事ではこんな悩みを解決します。 本記事で解決できる悩み ▪ コインチェックへの日本円入...

 

 

仮想通貨の保管と管理

仮想通貨ウォレットは、仮想通貨を安全に保管し取引するためのデジタルツールです。

 

ウォレットの種類5つ

▪ ①ホットウォレット

▪ ②コールドウォレット

▪ ③ソフトウェアウォレット

▪ ④ハードウエアウォレット

▪ ⑤取引所ウォレット

それぞれ、簡単に紹介していきます。

 

①ホットウォレット

インターネットに常時接続されているウォレット。

利便性が高く、取引所やオンラインウォレットがこれに該当します。

 

②コールドウォレット

インターネットから切り離された状態で仮想通貨を保管するウォレット。

ハードウェアウォレットやペーパーウォレットがこれに該当します。

 

③ソフトウェアウォレット

デバイスにインストールして使用するウォレットで、デスクトップウォレットやモバイルウォレットなどがあります。

 

④ハードウエアウォレット

物理的なデバイスに仮想通貨を保存するウォレット。

非常に高いセキュリティを提供しますが、コストがかかり、使い勝手が少しおとることがあります。

 

⑤取引所ウォレット

仮想通貨取引所が提供するウォレット。

利用はかんたんですが、取引所のセキュリティに依存するため、リスクが伴いま​す。

 

ウォレットを選ぶときには、保管する仮想通貨の量、取引の頻度、セキュリティへの要求、使い勝手などを考慮して決めることが重要です。

 

 

仮想通貨の税金と法律

それでは、仮想通貨の税金と法律について書いていきます。

 

□ 仮想通貨の税金と法律

仮想通貨の税金と法律については以下の点が重要です。

▪ ①税制上の取り扱い

▪ ②GSTとCGT

▪ ③法律の流れと内容

▪ ④2023年度の税制改正

▪ ⑤申告分離課税の可能性

それぞれ、簡単に紹介します。

 

①税制上の取り扱い

仮想通貨の取引利益は「雑所得」として課税されます。

現在の税制では、個人が暗号資産を売却した際の利益は最大55%(所得4000万円以上、住民税含む)の累進課税が適用されます。

 

②GSTとCGT

個人の取引では、原則としてGST(Goods and Services Tax)の対象にならず、ビットコインの原価が1万ドル以下の場合、CGT(Capital Gains Tax)の対象にもなりません。

 

③法律の流れと内容

仮想通貨を取りまく法律に関して、これまでの法整備の流れと、法律の内容は初心者にもわかりやすく解説されています。

 

④2023年度の税制改正

2023年度の税制改正により、仮想通貨の税制に変更がある可能性があります。

最新の情報を参照することが重要で​す。

 

⑤申告分離課税の可能性

現状では仮想通貨取引での利益は総合課税の対象となっていますが、将来的に申告分離課税になる可能性も指摘されています。

 

 

まとめ

仮想通貨は、デジタル時代の新しい通貨形態です。

仮想通貨は、投資家からの支持もとても高く、多くの人にとって魅力的です。

仮想通貨の基本や、ブロックチェーンも理解しながら進めていくと、ますます面白くなっていきます。

信頼性の高い情報をキャッチして、しっかり自分で情報収集を行いましょう! \(^o^)/

 

最後に、オススメのフォローすべき方々の紹介です。(ものスゴイ豪華な面々・・・)

ikehaya:NinjaDAOファウンダー。

paji.eth:Tokyo Otaku Mode共同創業者。

Satoshi Nakajima:天才ITエンジニア。

國光宏尚:gumiファウンダー。

渡辺創太:Astarファウンダー。

 

コインチェック

 

ABOUT ME
おいも
おいも
日々の学びのアウトプットブログです | 工場→記憶障害→復職 | 2児の父 | 仮想通貨、NFTの質問などがございましたら、お気軽にお問合せくださいませ ♫(*´∀`*)♫