ライフ PR

【M1 Mac】トリプルディスプレイ環境の設定方法|【3画面出力】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

▪ M1 Macで3画面出力させたいです。

▪ M1 Macの3画面環境の作り方を知りたいです。

と疑問をかかえている方の悩みを解決できる記事になっています。

 

本記事で解決できる悩み

▪ トリプルディスプレイ環境の設定方法

▪ トリプルディスプレイ環境の作り方

▪ オススメのドッキングステーション

 

本記事の信頼性 

おいも(@oimosmile)が解説していきます。

おいも
おいも
サラリーマン&ブロガー

NFTコレクター

M1 Mac3画面になりました

今回は、M1 MacBookトリプルディスプレイ環境設定方法を、紹介していきます。

Display Link対応の、ドッグを買って使用したら、3画面出力できたので設定方法をシェアします。

本記事を読めば、M1 Mac3画面のディスプレイ出力ができるようになります。

それでは、見ていきましょう。

 

▼ ドッキングステーション購入時の、注意点は以下の2つです。

ドッグ購入時の注意点!

①:通常のドッグを購入すると、ミラーリング状態になってしまう。

②:3画面環境の設定方法には手順がある。(本文参照

トリプルディスプレイ環境の設定方法

それでは、M1 MacBookのトリプルディスプレイ環境の、設定方法を紹介していきます。

 

M1 Macでできる外部ディスプレイ数

M1 チップ搭載の「MacBook pro」や「MacBook Air」を使う場合。

通常1台までの外部ディスプレイ環境しかできない仕様になってます。

Display Link対応の、ドッグを使えばトリプルディスプレイ(3画面)環境を作れます。

 

Display Linkについて

Display Link対応の、ドッグを使えば3画面それぞれ違う画面を出力表示できます。

専用のDisplay Linkドライバーをインストールする必要があります。

 

 

ぼくのトリプルディスプレイ環境

上記画像は、ドッキングステーションを設置して、3画面出力できた様子です。

 

ぼくのトリプルディスプレイ環境

▪ ①M1 Mac本体

▪ ②モニター×2 (LG 34WP500-BLG 34WP60C-B

▪ ③ドッキングステーション(Anker 563 USB-C

▪ ④USBハブなど、HDMIケーブル(上記商品にはそれぞれ付属)

 

▼ イメージは下の図のとおりです。

 

 

トリプルディスプレイ環境の作り方

M1 macの、トリプルディスプレイ環境の作り方の手順は、下記のとおりです。

 

M1 Macトリプルディスプレイ環境の作り方

▪ ① Display Link ドライバのダウンロード

▪ ② Display Link の設定

▪ ③ Display Link の自動設定

それでは、順番にやっていきましょう。

 

①Display Linkドライバのダウンロード

▼ まずは、Display Linkドライバをダウンロードします。

>>コチラからダウンロードをどうぞ

 

①「macOS」をクリックします。

 

 

②つづいて「Download」をクリックします。

最新のドライブをダウンロードしましょう!

 

 

③「Accept」をクリックします。

 

 

ダウンロードしたファイルをクリックします。

 

 

⑤「続ける」をタップします。

 

 

⑥順番に「続ける」を選択して、進んでいくとインストールが完了します。

 

 

②DisplayLink Managerの設定方法

ドライバーの、インストールが終わると続いて、3画面環境の設定をしていきます。

 

①「システム環境設定」をクリックします。

 

 

②「セキュリティとプライバシー」をクリックします。

 

 

③「プライバシー」タグを選んで→「画面収録」をクリックしてから→画面左下の「変更するにはカギをクリックします。」をクリック。

 

 

④「Touch ID」か「パスワードを入力」してロックを解除します。

 

 

⑤「DisplayLink Manager」をクリックしてチェックマークを入れます。

 

 

⑥「終了して再度開く」をクリックします。

 

 

⑦最後に「鍵マーク」をクリックしてロックすればインストール完了です。

 

 

③DisplayLink Managerの自動設定

最後に、Mac起動時に自動的に3画面になる設定をしていきます。

 

①画面上部の「W四角マーク」をクリックする→「Launch automatically after login」をクリックしたらOKです。

 

おいも
おいも
わぁ〜!  3画面で出力しましたー!

 

 

Display Linkのエラー発生した時の解決方法

Display Linkで、エラーが発生した場合の解決方法を、紹介していきます。

 

1つのモニターしか映らないエラーが出た場合

2つの、外部モニターに映るはずが “1つだけ” しか映らない、と言うエラーが生じた場合には、以下の手順をやってみてください。

 

上記のエラーを解決する手順は下記の通り。

①アプリケーション内の「DisPlay Link Manager」をクリックして開きます。

すると、3画面のモニターに映るようになります。

 
 
 

その他のエラーについては下記記事参照

▼ 「Display Link Manager」アプリケーション導入時の予期せぬエラーについて

 

オススメのドッキングステーション

上の動画を見てドッグの購入を決めました。

オススメの、Display Link対応のドッキングステーションは、『Anker 563』です。

ドッキングステーションは、いくつも販売されていますが、信頼性の高い “Anker” 製品にいたしました。

価格が、2〜3万円と高めですが「買ってよかった!」と納得のできる商品でした。

 

おいも
おいも
性能も良いし、外観がめちゃくちゃ美しいです!

 

▼ 『Anker 563ドッキングステーション』のご購入はコチラからどうぞ 。↓

 

 

購入できましたので、さっそく設置いたしました。

 

 

思ったよりも、大きめのサイズです。(約 170×80×24mm)

 

 

 

まとめ

M1 Macのトリプルディスプレイ環境の設定方法まとめ

▪ ①Mac本体、モニター2台、ドッグを接続

▪ ②Display Link公式サイトでドライバをダウンロード

▪ ③3画面環境の設定をする

上記の3つをやると、M1 Macのトリプルディスプレイ環境が作れます。

「Display Link」対応のドッグは、いくつも販売されてます。

購入するときは、信頼性の高い商品を買うのがおすすめです。

自身が、使ってテンションが上がるアイテムだと、長く使いたくなりますよね。

 

▼ 信頼性の高い『Anker 563ドッキングステーション』のご購入はコチラからどうぞ ↓

 

以上です。良い3画面ライフを!
おわり。

 

ABOUT ME
おいも
おいも
日々の学びのアウトプットブログです | 工場→記憶障害→復職 | 2児の父 | 仮想通貨、NFTの質問などがございましたら、お気軽にお問合せくださいませ ♫(*´∀`*)♫